二の腕あれこれ(コラム)

二の腕のぶつぶつにステロイドは効果ある?使用は避けるべき!?

二の腕のぶつぶつが気になり、皮膚科を受診すると毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と診断され、ステロイドを処方されることがあります。

多くは「ヒルドイド」などの保湿剤や「ザラプロ」や「ニノキュア」と同じ尿素入りのクリームなどが処方されます。

尿素入りクリームの危険性については別記事でも紹介しました。

参考:市販のクリームで二の腕ぶつぶつが悪化する!?

 

ステロイドは皮膚科などの医師の許可がないと手に入りません。

ぶつぶつや赤みの症状が、ひどい場合に処方されることがあります。

ただ、結論から言うと、ステロイドは二の腕ぶつぶつ(毛孔性苔癬)には使用を避けるべきです。

 

理由についは、ステロイドとはどういったものなのか。

そもそも、毛孔性苔癬に効果があるのか確認しながら見ていきましょう。

 

ステロイドってどんなもの?

二の腕ぶつぶつ ステロイド

 

ステロイドは、抗炎症作用と免疫抑制作用がある薬です。

アトピー性皮膚炎など皮膚の炎症に使われることが多くあります。

ステロイドは一般的には、即効性があって治りが早いというイメージがありますね。

また、副作用が怖いというイメージもあります。

 

ステロイドは毛孔性苔癬に効果ある?

二の腕のぶつぶつは、遺伝など体質によるものが大きい要因なので、ステロイドは毛孔性苔癬には効果がないというかたもいます。

しかし、実際には継続して使用すれば一定の効果が現れぶつぶつはきれいになります。

 

ただ、尿素入りクリーム同様に、ステロイドでは一時的に良くなって見えても毛孔性苔癬は完治しません。

ずっと使い続けなければならない可能性が他の薬よりも高くなります。

 

また、一番気になっているのはステロイドの「副作用」ではないでしょうか。

二の腕のぶつぶつは、広範囲にわたって症状が出ることが多いので、ステロイドを二の腕全体にぬるのは副作用が気になって抵抗があります。

 

二の腕ぶつぶつにおけるステロイドの副作用

ステロイドでは根本的な毛孔性苔癬の治療にはならないので、一時的に良くなってもまた再発してしまいます。

 

再発後は症状が悪化することがあるので、ステロイドを一度使うと使い続けることになるんですね。

ステロイドを使い続けるとどうなるかというと、ステロイドを塗っていた皮膚が薄くなってきます。

 

皮膚が薄くなることで副作用として、皮膚の抵抗力がなくなります。

抵抗力がなくなると、感染症など他の病気になる可能性が高くなります。

 

塗り薬ならその程度ですが、注射や内服薬を続けていると、免疫力が低くなり風邪が発端で肺炎になることも。

一見治りが早くて良さそうですが、ステロイドは使い続けると効果も薄れ、量も増える結果になるのでおすすめはできません。

 

まとめ

二の腕ぶつぶつ ステロイド 副作用

 

皮膚科の先生は、二の腕のぶつぶつ(毛孔性苔癬)について受診すると「30歳を超えたら自然に治る」と言われることが多いです。

皮膚科では、積極的には治療は行わないというのをよく聞きます。

 

女性としては放置することで、色素沈着などもっと困ったことになりかねないので放って置けません

 

なお、ステロイド自体を否定しているわけではありません。

例えば、アトピー性皮膚炎や酷い皮膚の炎症など、早めの対処法としてステロイドで症状を一時的にでも改善し治していくという方法もあるからです。

ただ、二の腕のぶつぶつ(毛孔性苔癬)の治療については、病院で処方される「尿素入りクリーム」も「ステロイド」も効果は一時的なものでイマイチ。

 

ステロイドを試す前に、二の腕ぶつぶつを治す専用クリームをおすすめします。

→ 二の腕ぶつぶつ専用クリームランキング

>>ランキング1位の二の腕ケア専用クリームを見る

二の腕ぶつぶつ治すクリームランキング


-二の腕あれこれ(コラム)
-, , ,

Copyright© 二の腕ぶつぶつ治し方!「市販薬で治らない人」のクリームランキング , 2018 All Rights Reserved.