二の腕あれこれ(コラム)

二の腕ぶつぶつに「症状悪化の危険」がある市販の尿素入りクリーム

二の腕にあるぶつぶつは医学的に、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」や「毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう)」と呼ばれています。

二の腕のぶつぶつは、女性の中では悩んでいる方が多い一般的な症状で病名もちゃんと付いている病気なんですね。

最近ではCMなどでザラプロやニノキュアといった二の腕のぶつぶつを治すクリームが出ていますが、実はこれらの市販薬は成分として「尿素」が入っています。

尿素が入っているクリームを使うと使い始めは二の腕がツルツルになります。でも、そのうちにまた再発してさらに症状が悪化してしまう危険があります。

尿素入りクリームが症状悪化する理由

二の腕ぶつぶつ 市販薬 危険

尿素は角質を柔らかくする成分として化粧品または保湿剤として使われます。

ハンドクリームやザラプロ、ニノキュアといった市販薬にも尿素が入っています。

実は最近では尿素入りの化粧品は減ってきているのですが、その理由はなんでしょうか?

尿素の働きに原因がある

尿素は毛穴の角質をやわらかくして溶かす性質があります。

そうすると、二の腕のぶつぶつは毛穴につまった古い角質ですから、尿素が新陳代謝を促して角質をとかしてくれれば症状が治りそうなものなんですが・・・。
実は、この働きが逆に二の腕の肌を傷めるデメリットとなってしまいます。

尿素入りクリームのデメリット

二の腕ぶつぶつ 市販薬 デメリット

尿素によって角質が溶けると二の腕の肌はターンオーバーにより新しく角質が生み出されます。

だから使い始めは角質がやわらかくなって溶けるので、二の腕のぶつぶつが一時的にツルツルになり治ったと勘違いしてしまいます。

でも、この尿素入りクリームを使い続けるとターンオーバーの周期が早くなりすぎてしまい、まだ十分に育っていない角質が増えていってしまうんですね。

その結果、肌の角層のバリア機能が低下してしまい乾燥肌や敏感肌に・・・。

乾燥肌になってしまうとさらに毛穴に角質がつまるようになるので、二の腕のぶつぶつが治るどころかどんどん悪化してしまうようになってしまいます。

特に二の腕が赤いぶつぶつになっているときには、刺激の強い尿素入りクリームは使わないようにしたほうが良いでしょう。

ピーリングも同じことが言えますが、二の腕にぶつぶつがあるということは、そもそも二の腕の皮膚が弱っている状態なので刺激が強いクリームは避けるようすることが大切です。

絶対に尿素入りクリームを使ってはいけない?

尿素入りクリームを二の腕に使うには注意が必要ですが、絶対に使ってはいけないというわけではありません。

ザラザラガサガサして固い角質になっているときには、使い始めとして市販の尿素入りクリームを使用しても良いかと思います。

ただ、完治させるには使い続けることは避ける必要があります。

毛孔性苔癬専用のクリームを使う

二の腕ぶつぶつ 治すクリーム

一時的に治すのではなく二の腕のぶつぶつの症状を完治させるには、少し時間は掛かりますが毛孔性苔癬専用のクリームを使用する必要があります。

治るまでに時間が掛かるといっても、症状が重い方でも3か月~4か月で目立たないくらいまで症状が改善するという口コミが多くあるので、症状を悪化させるクリームを使うよりも結果的には早く治る可能性は高いですね。

[ウデセレブ]は、尿素を徹底して排除している敏感肌で肌の刺激に弱い方でも安心して使える毛孔性苔癬専用に作られたクリームです。

小学校に入学前のお子さんでも使用できるくらい刺激がなく添加物も一切含まれていません。
子供の二の腕にぶつぶつが!原因と治し方

医薬部外品で保湿効果も高く、二の腕ぶつぶつが2週間目くらいから改善に向かう方が多くいて口コミで徐々に評判が広がっています。

>> [ウデセレブ]をもっと詳しく

二の腕をきれいにするには専用クリームを使用して正しい方法でケアしていきましょう。

>>ランキング1位の二の腕ケア専用クリームを見る

二の腕ぶつぶつ治すクリームランキング


-二の腕あれこれ(コラム)
-, , , , ,

Copyright© 二の腕ぶつぶつ治し方!「市販薬で治らない人」のクリームランキング , 2017 All Rights Reserved.